文字サイズの変更
JBMIA
模倣品啓発はこちら
  このページは一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会 知的財産委員会ホームページです。  
《 模 倣 品 業 者 の 摘  発  事  例 》

模倣品業者は複数ブランドの模倣トナーカートリッジを製造しており、摘発の現場では必ず複数ブランドが押収されることから、JBMIAでは参加企業が共同で摘発活動を行うことが効率的と考え、模倣トナーカートリッジを販売する業者を共同で摘発する活動を実施しています。
多数ブランドかつ大量の模倣トナーカートリッジを販売するグループの摘発に成功した事例等、代表的な摘発事例を以下にご紹介します。


事例-①:多数ブランドの模倣トナーカートリッジを大量に販売するグループが摘発されたケース
事例-②:多数ブランドの模倣トナーカートリッジを販売するグループの摘発およびオンラインショッピングモールからの退店に成功したケース
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 知的財産委員会 事務局
FAX : 03-3451-1770
〒108-0073 東京都港区三田3-4-10 リーラヒジリザカ7階
個人情報保護について
ご利用条件について

Copyright 2015 Japan Business Machine and Information System Industries Association. All Rights Reserved.